heyreiko.com


Windows Internet Explorer 6.7.8.9は、新しい技術CSS3に対応していないため、右横のカードは回転せず、左の丸形ボタンは四角で表示されます。Firefoxの使用をお勧めします。

Présentation d'HEYREIKO, Webdesigner à Paris, aux étudiants de Nippon Designer Geijutsu Gakuin Nagoya Japon le 27 novembre 2012. HEYREIKO décrivait sa carrière en montrant ses créations.


ヴィデオで見たい方は矢印をクリックして次のページに。
La vidéo de cette présentation est disponible sur la page suivante.
vidéo page


|Le texte de la présentation et les liens vers les pages du sites Web. |


こんにちは。今日はよくおいでくださいました。
私はレイコメリーと申します。よろしくお願いいたします。
まずサイトをお見せしながら簡単な紹介をしながら、フランスでどのようにフリーのウエッブデザイナーになったか、そしてその後の作品などお見せしていきます。
日本ではホームページと呼ぶようですが、ここではサイトと呼ばせていただきます。ホームページは英語の間違った訳し方で、話が混乱するので。
heyreiko.fr このサイトは2009年にうぶごえをあげた、自分が作った中では4番目のサイトです。 実はこれは学生時代に作った初めての本格的なサイトなんです。学生といいますのは、フォーマシオンと呼ばれる、日本にはないようなシステムの教える場所です。どこが違うかというと、年齢が違います。まず、若い18,19歳の方はいらっしゃらなかったです。いわゆる社会にでてからまた学ぶ学校のようなところでした。直ぐ職業になるように実践ばかりです。その日習ってくるとその夜に何とかそれをモノにしようと1ページ作ってくるので、6ヵ月後の卒業時には150ページぐらい作ってしまいました。
それで、このサイトはどうして作ったかというと、卒業時に審査官の前でプレゼンするためです。審査官は、学校とはまったく関係ないとこから選ばれてくるプロの方たちなんですね。私が、フランス語が母語だったら何でも美しく説明できる。あのときのフランス語の状態では大変不利なんですね。それでこうなったら、プレゼン・サイト作ろうというのがそもそもの目的でした。卒業後は、就職の面接で、自分の作品紹介しながら、自分の作品もプレゼンできるようなサイトを作ろうと思いました。ですから、このサイトは、プレゼンが出来やすく構成されています。

プレゼンはこのように始まります。
1、こんにちは、このサイトをお見せしながら自己紹介させていただきます。
2、2010年よりパリでウエッブデザイナーをしているレイコメリーと申します。プリントのほうのグラフィックデザイナーは1997年にNYで始めました。
3、NYコスチュームデザイナーもしておりました。
4、パリではサンテイテイエンヌのデザイン美術館で展覧会に参加させていただける幸運に恵まれました。
5、もしよろしければこちらからお便りをくださいませ。
こんな風に説明していきました。 このころ2008年から2010年にかけてはフラッシュがもうやりたくてやりたくて、フラッシュばかりでこのサイトを作りました。 そもそもウエッブをやりたいと夢を見始めたのが2000年ごろで、丁度その頃デザイナーをしていた会社から出資していただいて、研修して作ったのがこのヴィデオです。1週間の研修だったんですが、素人だったのに欲張りました。会社というのはバーンステインデイスプレイhttp://www.bernsteindisplay.com/という会社で私は什器から宣伝まで何でもデザインをやらしてもらいました。2000年ごろからもうずっと夢見ていました。
2000年ごろは2つの仕事をしていて、コスチュームと什器デザイナー兼グラフィックデザイナーをして、土日も夜もすべて働いてました。ですから、2000年ごろに芽生えた夢はずっと温められることになります。

パリに2004年の11月に引っ越してきました。 色々人生に翻弄されているうちに、そうかこれは、その夢をかなえなさいねってことだなと思いました。

さて、最初に行ったフォーマシオンはグレタと言う名前です。ここで、もう一つ面白い話をしますとこのフォーマシオン行った期間給料が出ます。 フォーマシオンといえど、私立のお金が馬鹿高い学校もあります。 もちろん私立では給料が出ません。国立に人気が集まりますが、それだからといって、国立が優秀だともいえません。 国立のフォーマシオンでも優秀なのから、もうどうしようもないのと2種類あります。わたしが最初行ったのは、どうしようもないところでして、創立初年に行ったものですからかなり混乱に巻き込まれました。先生は結構ぐうたらだったんですが、私はものすごく可愛がられました。そもそもアランという先生はプロのフリーランスのデザイナーなんですが、教えるのは凄く下手なんです。でも私はいっぱい学ばせていただきました。彼のプロとしてどんな風にやっているかを学べたし、非常に有益な情報を彼から仕入れました。学生がこのアランをボイコットするという事件が起きた後で雇われたロイックにも本当にお世話になりました。
reikodit   la_presse_dit   chezdiablo   chezdiablo
それをプレゼンも成功しまして卒業後、かなりあせりました。 頑張って150ページ作ったんですが、卒業したらころっと忘れてる。 頑張るだけでは身につかないですね。考えないと。それと手が慣れちゃうまでやらないと。

それで落ち込んでいたら、メールが来ました。それがアフパというもうひとつの卒業したフォーマシオンです。ここはかなり激戦のフォーマシオンで1年たっても返事がないのであきらめていたのです。 ここの入学テストってのがタイヘンしゃれたものでした。もちろん基本的な数学だとか国語だとかのテストに受かってからですが、そうそう、デザインの筆記テストとかありましたね。それすべて、私にしたらフランス語なんで大変でした。いちいち猛勉強しなければならなかったのです。が、最終テストが腰抜かしちゃいました。<まず、卒業後の自分の進路を考えろと。卒業後の自分の進路にはどういう会社に行きたいか、それともフリーでやるか、どちらにしても理想と思う会社や個人のサイトを探し出しなさい。そして、3社以上にインタビューを申し込みなさい。そして3社のインタビューを含んだ論文を提出しなさい。題名は自由。> これはもう、参りました。一体どうやって、そんな会社見つければいいの。。その後電話かメールでインタヴュー申し込むのですよね。それフランス語でしょ。それからインタヴューもフランス語ですね。完全に舌巻いちゃいました。

それでもこのときは友人がドンと背中を押してくれました。年鑑のあるデザイン図書館を教えてもらいました。http://www.paris-bibliotheques.org/ http://equipement.paris.fr/bibliotheque-forney-18それで何とかきっかけが出来た。それから、一人ひとりに試験官がつくんですが、この試験官が、本当親切でした。試験官というのは人を落とすためにあると思っていましたが違いますね。試験官というのは人を導くためにあるのですね。

その最終原稿を送ってから、1年間無しのつぶてであきらめていましたが、ひょいと、最終面接の案内が来たんです。これにもかなり腰抜かしました。 面接もかなり腰抜かすことになります。最終面接ですがそれでも20人採用に100人は最終に残った人がいるらしい。それでもちろん自分が如何に優れているかアピールするわけです。普通そうですよね。でも説明をずっときいてくれたあとで教授がいったんです。<貴方はとても優秀で私がこれから学生に教えようとしていること全部やってしまっている。あなたにこのファーマシオンは必要ないでしょう。>内心あせりました。しまったあああと。それで即座に思いついて、返事しました。<確かにお見せしたのは、優秀かもしれない。しかしながら私はもうどう作るかどう考えても分りません。6ヶ月気が狂ったようにつくりまくりましたが、そして何とか作ってしまいましたが、これは、ただ単に頑張った結果でしかない。私はもう一度学びたいのです。そしてもう一つ。私がこれから職につけないフリーになれない最大の理由はフランス語です。あなたが今まで聞いてお分かりのように私は簡単に話せません。けれども、私が行くフランス語学校というのは文法ばかりやってまったく勉強になりません。文法だったら下手なフランス人よりも私のほうが正確だからです。何が一番よい方法で身につくか。それはウエッブのフォーマシオンでしょう。ですからこの2点において、私はこのフォーマシオンが一番必要な人間なんです。>我ながらこれは素晴らしい論法でして、受かりました。

そしてまた驚くことになります。生徒たちが何という才能集団。この生徒たちに私は教えられました。何という才能か。http://www.afpa-creteil.org/index.php?page=formationimm.fr この人たちのおかげで、本当に有意義な学生生活送れました。というかサラリー貰ってますから、サラリーマン生活ですが。。
heyreiko.free.fr   toujours_la_pour_vous   thomas   afpa   bebe   cat_cv
でやっぱり卒業のときはプレゼンにリスト製作しました。 http://heyreiko.fr/afpa/index.html を実は教授に相談しないで作り始めたんですが、作って見せたらお気に召さなかった。彼女が言うには、どうも審査員は音がうるさいのは好きじゃないんだと。

cat_cv それでこれ作りました。色はうるさいから、まあとにかく私はうるさいのが好きみたいですね。 http://heyreiko.free.fr/ それが後にこれになります。言葉だけのリストにアイコンつけました。

私の最初のお客さんは、アフパのやはり実習で5人のグループでエヴァさんのサイトを作りました。

ewa 私が担当したのは、写真の整理が一番手間が掛かるギャラリーのページでした。

ジャバスクリプトのギャラリーの魅力にはまって、それ以前では

ga1 すべてのページがギャラリーです。

ga2 もちがう意味ポップアップギャラリーですね。

それ以後のお客様、3人にギャラリーにしています。 so

ニームのバックやさん。 yuuko

これはパリの現代アート作家 amaya

これもパリのアート作家 もちろん物書き方は、ギャラリーは必要はないわけで、やはり基本的なHTMLでCSSで飾ります。 setuko

ロールオバーも結構好きでこの2作品はロールオバー使って組み立てました。 bienvenue seitai

mamiko ダンス作品になるとやはりビデオですね。

アイフレームか否かの問題は結構私にとっては大きな違いがあって、

http://www.la-bienvenue.org/だとページを特定して人に伝えたい場合、リンクが同じになってしまう。

http://setukotakeshita.com/page11.html ですから、竹下さんのように何ページのどこどこを見てほしいというのに困らないために、リンクがページごとごとあったほうがいいですね。

http://heyreiko.fr/histoire_des_arts_graphiques/page24.htmlもやはりそのためにアイフレームにしませんでした。

ウエッブデザイナーになって気がついたことがあります。 それは、普通の金額のサイト、だいたい20万ぐらいだと考えていただいていいのですが、そこまでお金がない人がいる。でもサイトがほしい。今はいくらでもただのサイトが作れるものがありますね。でも、コンピューターが死ぬほど不得意で作れない、もしくは時間がなさ過ぎる。。もしくは、ビジネスが成功するまでは、仮のサイトにしておきたい。。そういう隙間に商売があるわけです。

sophie tabac shiatu hana nimes

私はかなりジムドーにはまりました。

inde 旅行記までここで作ってます。

http://fr.jimdo.com/?gclid=CMvGr9qk5LMCFanItAodvE8Ayg 一度はこのサイトをジムドープロとしてやったことがありました。 今年契約が切れるので更新しなかったです。 http://heyreiko.jimdo.com/ それは何故か? ひとつは、写真を放り込むのが無制限にできるのでいいのですが、問題が起こりやすい。 でももう一つの問題。それはSEO検索エンジン最適化です。これがジムドーはとても弱い。 それでヘッドのメタが触れない。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96

============今現在、私にとって、いろんなレンタルサーバーやさんのリニューアル時期ですので、これを機会に無駄なものは切り落とし、新しい投資に、そして、新しいcss3やプレスタショップやざー度プレスに挑戦しようと思ってます。 http://www.webdesign-paris.fr/ それでコノサイと、seo検索エンジン最適化に買ってみました。年間で6ユーロたかだか10メガですが、実験する場としてはとてもいいのではないかと。実験は==どうしたら、seoに強いページを短期間で作ることが出来るか? webdesign paris で20位30位に直ぐつけるようになったんで、やはり、ドメインは強いですね。

http://jolie-chose.fr/ はcss3ですがどうもやはりIE で表示が出来ません。 http://heyreiko.com/ をhttp://jolie-chose.fr/ にまわし、 あとは、http://heyreiko.com/ ではプレスタショップのテームを買おうかなと。

それで日本語のお店だけではなくフランス語のお店を作ろうと思っています。それが今年の終わりまでの目標で、 その後は友人のサイトをワードプレスで作ってあげようかなあと。それが私のこの何ヶ月の目標であります。

ここでいつも問題になってくるのが、端的にいえばIEの技術部門の遅れ?でしょうか?IEはいつもweb関係者の反感を買っています。他のブラウザーで綺麗に表示するものでも、IEで上手く表示しないのであきらめざるを得ない。ためしにこのサイトをIE9で表示させますとこうなります。CSSをIE用に開発したのを入れておかないと駄目なんです。あきらめる。。というのは、特にアジアの国々のサポートが大きいからです。http://gs.statcounter.com/#browser-eu-monthly-201110-201210-barフランスは既にファイヤーフォックスに一位のシェア率を奪われて、<まだIEなんか使っている人がいるんですか?無視します。>といっていただけるお客様などいます。けれどもアジアではほとんど100パーセントの支持率ですか。。。残念なことです。 http://jolie-chose.fr/は残念なことにIE9でも表示できない。IEという残念なブラウザーのために少々もったいないです。

今回皆さんに来ていただくことで、いろいろ考えました。それがとてもいい機会になりました。有難うございます。

ウエッブデザイナーとはなんでしょう?お客様にとって私はなんであるか?

Véritablement accroc à vos besoins, passionnée depuis toujours, je serai pour vous une guide rigoureuse afin d'accroître votre visibilité dans la jungle de l'internet. Les prix et les solutions sont variables. Profitez d'un devis gratuit. Je suis pleine d'espoir de belles collaborations avec vous, surtout avec les artistes qui créent de jolies choses.

何がお客様と大変なことは何か、もっと向上するためにはどうしたらいいか? 何が問題か、大変かというと、一言に言うとコミュニケーションです。

簡単に一言で言ってしまうと、皆さんウエッブを作れないから私に頼まれるわけですね。ということは、私は知っているが相手は知らない。そして私はお客様に協力していただかないと何も作れないわけです。いわゆるコントニュ=中身がいるのですね。中味を正しい方向のものがいただけるようにお話しするのは私ですし、エスパス=サーバーのレンタル会社だって、いいとこを選んでいただかないと、動かなかったら困るわけです。だから眼が見えないおじいさんを駅までお連れするアメリみたいなものだと思います。だからガイドさんですね。ガイドしてもらってもつまらないことしか言わない方もいますね。そうだったらいっしょにやるほうは疲れるし面白くもなんともない。私だって疲れますね。だから目指すは、楽しいガイドさんです。お客様にとって私は楽しいガイドさんでいたいです。アメリみたいに。

コミュニケーション力も要りますね。この頃発見したコツは、文章に必ず主語を入れ文章は簡略化しないことです。そして必ず相手が言われたことを確認しながら次の文章にもっていく。この作業をするのは確かにしんどいですから、<何回も言ったのになんでわかんないんだろう><もういい加減にしてくれよ>と思って、書いたり話したりすることもありましたね。これらを思うとですね、もう駄目ですね。何もうまく行かなくなる。何も書かないのに伝わります。それより<何回も言ったのになんでわかんないんだろう、、その原因はどこにあるのかな?>と考えるといいようです。そういうとこに頭を使うと、自分だって向上するわけですからずっとお得ですね。

この前、美術家の鍋島さんにお会いしました。 ご本人曰く、『麗子さんのサイトデザインの魅力が訪問させた。。』と。ですから、私のサイトの魅力ってどんなことなのですかとお聞きしました。素晴らしい一言を頂きました。それは私のサイトは愛情があるそうです。作るものにこれでもかこれでもかと愛情を注ぎ込む。結局なんでも愛情それに尽きるとおっしゃる。

これは正しくいえてることで、お客様も愛しちゃわないとよいコミュニケーションは生まれなく、いい仕事も出来ないようです。

ヤッパ愛です。

そんなところで今日のお話は終わらせていただきます。


Credits:HEYREIKO

Left Column: 230px
Right Column: 200px